トヨタのエコ車種としてピクシススペースはこれまでになかった軽規格ということで期待が高まります。

乗りたい車は外観にもこだわりたい

ピクシススペースはあまりアピールされていないトヨタのエコ車種

CMに流れていないので少しピーアールされてない感が強いピクシススペースですが、トヨタのエコ車種としては大望の軽規格のクルマということで期待が高まります。
これまでにトヨタには軽規格のクルマがなかったので、ピクシススペースのリリースでいよいよ軽自動車を取り扱うようになったわけです。
日産が三菱との連携を深め軽自動車のニューカマーをどんどん市場投入してくるわけですから、トヨタとしても黙ってみているわけにはいかないでしょう。ピクシススペースのエコ車種としての工夫はecoIDLEというアイドリングストップ機構が上げられるでしょう。これまでのアイドリングストップ機構はクルマが停止してからエンジン回転を止めるものだったのに対し、ピクシススペースに採用されたアイドリングストップ機構は、まだ走行中でも超低速になったときにはエンジン回転を止めてしまいます。


走行中にエンジンを止めてしまうってのがすごいですね。発想がユニークです。
どうしたらこんなアイディアを思いつくのでしょう。もちろんこの機能は低燃費に貢献しています。
もともと税制的に経済性の高い軽規格ですから、それにプラスして燃費がよくなってランニングコストもカットできれば省エネ的には鬼に金棒です。
軽規格のクルマの燃費はどんどんよくなっていっていますので、エコ車種としても今後はハイブリットに負けないくらいに注目されるでしょう。日本に軽規格があってよかったなぁと実感します。

関連記事・情報