軽のハイトワゴン車種としてピクシススペースは変に出しゃばるところがなく素材感があってそこが魅力に思えます

乗りたい車は外観にもこだわりたい

軽のハイトワゴン車種としてピクシススペースは素材感がある

すっかりアウトドアの楽しみもクルマで気楽に楽しむのが当たり前になってきました。
出かける前はスマホでチェックして細かい時間ごとの天気の移り変わりも確認します。

例えば雨が降る時間がわかれば野外で活動して止めば屋内でのんびりとと雨にひっかからない計画も立てられます。
ただ最近は天候がすぐ変わってしまいますね。朝はからっと晴れた日でも急に大風に襲われたり、急にスコールがあったりってこともありえそう。竜巻も最近はあるから自然には畏怖の念を感じてしまいます。
温暖化の影響も馬鹿にならないし自然の流れが変わってきた結果なのでしょうか。
さてアウトドアを楽しむとして相棒となるギアはどんなものを選びたいですか。トヨタからリリースされたピクシススペースなどはあまり目立ってはいないのですが、アウトドアに持ち込むギアとしてはおもしろいのではないでしょうか。
軽のハイトワゴン車種としては変に出しゃばるところがなく素材感があってそこが魅力に思えます。


そのベースとなっているのはダイハツのムーヴコンテなのですが、あまりその面影がありません。コンテは味付けが濃いのに対し、ピクシススペースはまったくのプレーンな感じです。
そこが変に都会的でなくてアウトドアに溶け込むように思えるのです。
都会から無理して来てるってイメージになりにくいのです。
道の駅にも溶け込んでいけそうです。
スペースユーティリティはムーヴコンテ同じハイトワゴン車種なので文句なしに広さを実感できるでしょう。

関連記事・情報