トヨタの軽自動車として販売されるピクシススペースは、ダイハツからOEM供給されている車種です。

乗りたい車は外観にもこだわりたい

ピクシススペースという車種について

子会社であるダイハツからOEMで供給されています、ピクシススペースはトヨタブランドの軽自動車という位置づけで、販売されている車種となっています。
ダイハツの主力モデル、ムーブから派生したムーブコンテがベース車両となっている訳ですけども、基本的なコンポーネンツから、インテリアなどほぼ同一のクルマといった内容で、ダイハツとトヨタの違いとなる部分はエンブレムだけとなっているそうです。
世界トップクラスの販売台数を誇るトヨタとしては、更なる販売の強化、レベルアップを図る上で、維持費も安くセカンドカーなどとしても需要の高い、軽自動車のユーザー確保を目的としたOEMのようです。

低燃費であり税制面も割安で、ランニングコストを抑えられるメリットに加え、車両価格そのものが低価格である軽自動車を、国内随一の販売力を誇るトヨタのディーラーの複数チャンネルで販売しているとあり、売れ行きも好調となっているようです。
その他にも、ダイハツから何車種か軽自動車のOEMモデルの供給を受けていますが、第一弾として発表されたのが、このピクシススペースということなのですが、売れ行きが好調なり畏友としては、販売力も然ることながら、平成27年度の燃費基準もクリアする環境性能や、カスタム系など若者向けの車種のラインナップなど、非常に抜かりのないポテンシャルを備えているという、クルマそのものの魅力が高いという点が、何よりの部分であると感じます。

関連記事・情報